立地条件

厚木で購入する一戸建ての立地条件

厚木で一戸建て住宅を購入する際には、立地条件にこだわることが大切です。購入後には絶対に変えることができない部分ですし、変化はしても自分の思惑通りにはならないのが特徴です。立地条件は言ってみれば周辺環境となりますので、自分にとって何が必要なのか希望条件を明確にし優先順位をつけておくことがポイントになります。

一戸建て分譲住宅は一般に中心部から僅かに離れた郊外に作られることが多い特徴があります。山や田畑を造成して作られるため、中心部からは離れてしまうのが基本となります。わずかに離れている程度であればいいですが、中には車がなければ移動が困難な地域もあります。地方ではマイカー所有率が高いですが、厚木ではマイカーよりも電車などの交通機関を利用したほうが便利ですから、販売されている地域によっては周辺環境に難があるケースもあります。

元々大型のショッピングモールの近くを開発することも多いですが、大規模な分譲住宅では開発後に商業施設や医療機関が作られていくこともありますので、周辺環境の変化も大切な部分となります。逆に幅員の広いアクセス道路が建設されたりといった騒音により周辺環境を悪化させてしまう場合もありますので、厚木の開発計画を調べてから選ぶことも必要です。

分譲住宅には販売方法の違いで変わる部分が大きいですが、開発した業者が販売を手がける場合と工務店やハウスメーカが販売している物件があります。厚木でも地域によっては建築条件付きの土地が選べる場合もありますが、建売住宅を購入したほうがメリットが大きいと言えます。立地条件は購入後に変えることができないものですから、失敗のないように選ぶことが大切です。周辺環境については家庭ごとに必要な内容が異なるため、希望条件を決めておくことがポイントになってくるといえます。

厚木で分譲一戸建て住宅を購入する場合には、立地条件を考慮して探すことが大切です。周辺環境は大きく変化する場合もありますが、ほとんど変化しない場合もあります。都市計画は10年から20年以上前から進められているものですから、居住地の自治体で確認することが可能です。都市計画道路があると開発や新築が制限されているため、道路ができるまでの間は周辺環境が良好に保たれます。立地条件は本人がどうすることもできない性質のものですから、購入を検討する際には情報を集めリスクの少ない地域を選択することが大切です。”