厚木の治安は?

一戸建てを購入・厚木の治安は?

子供の安全を考え、ご年配者にも優しい町として厚木は、治安がよく緑も多く美しい町とと言えるでしょう。市・業者のごみ回収は週6日あり、燃えるゴミが週2回、ビン1回、プラスチックゴミ1回、ペットボトル・缶が1回、資源ごみが1回です。

分別がきちんとされており、カラスネットをかけ、ゴミが散乱している地域はまずありません。またゴミ出しの為に専用の袋を購入しなくていいのは、ありがたいことです。各地域の方が公園の清掃を見回ったり、花を植えています。厚木市・神奈川県の広い団地区域では年に数回、芝や植木の手入れを行い美化に力を入れています。

最近厚木周辺で販売されている新築一戸建ては5軒ほどの集合スタイルから、100棟の敷地に公園、電気自動車スタンド設置など、スケールの大きい住宅街もあります。年代も子育て中の若い世代だけでなく、シルバー世帯でも公共機関の便・車での移動立地を考え購入されるようです。駐車場2台までOKというところはかなり人気が高いです。マンション住まいですと孤立しがちですが、一戸建ては家にいても近所の様子が四方見渡せ、外に出れば誰かと交流できる安心感があります。厚木の小学校では、登下校中の子供たちを見守る、“見守り隊”活動を保護者だけでなく、地域のご年配者も率先して行ってくれています。昨今の子供誘拐・不審者に警戒し、『見知らぬ人とは話さないように』という保護者の心配がある中、治安の良さは立地問題を含む最大のポイントです。防犯ベストを着用した“見守り隊”のご年配者と子供達の交流は、安心して子供を送り出せる地域となっています。またご年配者も希望者はそのような交流を楽しんでいます。他にも趣味の活動など地域の交流も盛んで、元気なご年配者が多いです。

マンション購入が手頃だった時期もありましたが、今はどちらもそれほど変わりがなくなってきました。厚木でのマンションと一戸建ての購入、違いは管理費の支払いや固定資産税で、最終的にどちらが価格的に安いのか迷う所です。一戸建てに済んでいた方は、家族構成が少なくなってくるとワンフロアで済むマンションが便利に思えてくるでしょう。長年、団地・マンションに住んできた方々はマイホームに憧れるものです。なんといっても日当たりの良さが違います。また最近の新築一戸建てでは太陽光発電標準装備も多く、その売電により光熱費がタダになる月があること、万が一売る事を考えてもマンションより高く売れることは間違いないでしょう。”